• 注がれる赤ワイン
    プレゼントやお中元、お歳暮などでワインやブランデーなどの高級なお酒をいただく事があると思います。
  • 綺麗なグラスに入っワイン
    インターネットや新聞広告で「お宅に眠っているお酒を高く買取ります」という広告を見ることがあると思います。

postheader ワインの高額買取のポイント

赤ワインと蝶

プレゼントやお中元、お歳暮などでワインやブランデーなどの高級なお酒をいただく事があると思います。
ですが、人によってはお酒が飲めなかったり、興味がなかったりと宝の持ち腐れ状態になっているご家庭もいるかもしれません。
そこで、そんな飲まないお酒は買取をお願いすると、意外に高額で買取をしてくれることがあります。
一口に買取といっても、様々な場所があり、例えば質屋、ブランドショップなど数多くあります。
様々なジャンルのものを扱っているお店より、お酒の買取専門店に持っていったほうが、高価に取引してくれることが多いです。
それは、お酒に詳しい専門スタッフがいることや、飲食店など専門の独自ネットワークをもっているので、小売などの中間コストがないため、高額で取引してくれることが多いです。
ワインやブランデーなどの洋酒の取引専門のお店を探すのもいいでしょう。
特にフランス産ワインやイタリア産ワインは高値で取引されます。
では、より高く買い取ってもらうためのコツですが、ワインやブランデーはもちろんのこと、お酒全般に言えることですが、できるだけ買った時に近い状態を保っているかということです。
瓶やラベルが汚れていたり、コルクがかけていたりすると、値が下がるどころか買取を拒否されてしまうこともありますので注意が必要です。
飲まない人にとって、保存方法をわざわざ調べる人は少ないと思いますので、なるべくすぐに査定を受けてみて、納得行く金額であれば買い取ってもらうなどしてできるだけ高く引き取ってもらうのもコツです。

酒のテクニック
日本にワインを飲む習慣が浸透し、酒の席で安価で手軽なワインを楽しめるようになりました。
しかし安価なボトルワインのみならずビンテージワインの人気も高く、資産として買取が行われるものすら存在します。
しかしすべてのワインが高級酒になるわけではありません。
保存状態やワイン自体の品質や製造年などが酒の買取価格に大きく影響します。
手元に高級ワインを所有している人がバイヤーの査定によって買取価値がないと判断されたケースも数多く報告されています。
酒類をを高品質のまま保管しておくためには、日光を遮断した暗所で一定の低温で保管することが重要だとされています。
冷蔵庫のない時代にイタリアなどでは洞穴の中を保存場所としており、一部の専門家からは洞穴のコンディションこそが、酒類の保存に一番適しているという発表がなされています。
現代の一般家庭において洞穴を所有している家庭はごくまれですので、同じような条件を再現することが出来、かつ口当たりが爽やかになるという点から冷蔵庫にを保管している人が多いです。
しかし、保存に適した温度と一般的な冷蔵庫内の温度が異なっており、日常の開閉によって庫内の温度が頻繁に変動するため、庫内の保管場所においては保存効果が期待出来ない場合があります。
買取バイヤーに持ち込むために高品質での保存を家庭で行う場合、家庭用の専用クーラーを使用するのが一番の方法です。
安価な専用クーラーであっても、庫内温度を一定に保てることから大きな効果が期待できるとされています。

postheader ワイン高額買取必勝法

冷えた白ワイン

インターネットや新聞広告で「お宅に眠っているお酒を高く買取ります」という広告を見ることがあると思います。
ここではお酒を少しでも高額で買取ってもらうコツをお伝えしたいと思います。
まず、お酒というと食品のイメージがわく方もいらっしゃるかもしれませんが、買取ってもらうお酒は食品というより骨董品としてとらえると良いと思います。
なぜかというと1つ目の高額買取りポイントが「きれいに汚れをぬぐって見積もりに出す」こと、2つ目のポイントが「箱などの付属品を付けて見積もりに出す」ことだからです。
骨董品でひびが入っていたり、汚れがあると高く買取ってもらえないというのはみなさんなんとなく理解できるのではないでしょうか。
また、高額な壺には桐の箱におさめられていることが多く、それが買取り時になかったり汚れてるのも減額ポイントになっています。
お酒も骨董同様きれいな状態で、付属品をすべてつけて見積もりを出したほうがよい評価を受けることができるので、見積もり提出前にひと手間かけてみることをお勧めします。
このポイントは日本酒・洋酒などジャンルに関係なく注意したいポイントですが、続いてワインを少しでも高く買取ってもらう秘訣をお伝えしたいと思います。
ワインにはブドウの搾りかすがどうしても微量ながらボトルに混入してしまうことがあります。
ボトルを横倒しの状態でワインを保存していると、ボトルの側壁にかすが付着してしまい見栄えが悪くなっている場合があります。
そういった場合ボトルを軽く振ってかすをボトルの底に振り落とし、しばらく静置しておくとかすがそこにすべて落ち、澄んだ美しいワインボトルにすることができると思います。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031